性に関するコラム

中イキさせる方法とは?女性のスポットを開発するコツを解説!

女性の多くが、中イキを望んでいるって知っていましたか?

女性が比較的簡単にイケるのがクリトリスへの刺激です。
ローターなどのおもちゃを利用して、女性をイカせた経験がある男性は多いでしょう。

でも女性が望んでいるのは、セックス中に膣内で快楽を感じてイクことなんです。
「セックスで彼女のことをイカせたことなんていないし・・・」と諦めてしまいがちですが、実はちょっとしたコツもあるんですよ。

今回は、女性を中イキさせるコツを徹底解説します。
実践すれば、女性を中でイカせ放題です!

中イキとは?

中イキという言葉自体を、あまり詳しく知らない方も多いでしょう。
こちらでは中イキとは何なのか、さらに外イキとの違いも明らかにします。

  • 中イキってなんだ?
  • 中イキと外イキの違い

中イキってなんだ?

中イキとは、膣内でオーガズムを感じることを指している言葉です。

女性がイキやすいのはクリトリスへの刺激です。
多くの女性はクリトリスによるオナニーを覚えるため、自分で開発している状態なんですね。
だからローターなどで強い刺激が入ると、比較的簡単に果ててしまいます。

一方の中イキは、自分の手では刺激しにくい部分に性感帯があるため基本的に開発されていません。

開発されていないからこそ、イクときはクリトリスへの刺激以上に気持ちよさを感じるわけです。

AVなどでよく見かける潮吹きですが、実は中イキと密接に結びついています。
中イキに関わる性感帯の一つは近くに膀胱があるため、中イキさせる過程で潮吹き現象が起こることもあるんですよ。
彼女を潮吹きさせてみたい、と思っている方もまずは中イキさせる方法を把握することから始めてください。

中イキと外イキの違い

外イキの特徴中イキの特徴
  • 連続でイクのは難しい
  • オーガズム時間が短い
  • 連続で何度もイクことが可能
  • オーガズム時間が長い

※個人差があります

外イキの場合は、一度イッてしまうとしばらくはクリトリスをいじられるとくすぐったくなる現象が起こりやすいです。
電マやローターをクリトリスに当てて一度イカせ、そのままあてがい続けて嫌がられた経験はありませんか?

つまり外イキで何回もイカせようとすると、一度休憩を挟まなければなりません。

一方で中イキの場合は、クリトリスのように一度イッたからといって性感帯を再度刺激されてもくすぐったくなる現象は起こりにくいです。
連続イキさせることも可能なので、休憩を挟まずにより濃厚なエッチができます

オーガズムを迎えている時間も、中イキと外イキでは大きく異なります。

外イキの快感におけるイメージは花火です。
瞬間的に気持ちよさが爆発して、比較的短時間でその快楽は終わってしまいます。

外イキの場合は徐々に波が打ち寄せるようにオーガズムを迎え、比較的長く余韻に浸れるとされています。

中イキのほうが、外イキよりも優れていると言っているのではありません。
中イキには中イキの良さがありますし、外イキには外イキの良さがあります。
女性をより気持ちよくさせるためにも、両方でイカせるテクニックを身につけておきましょう。

中イキが難しい理由

中イキは外イキと比較して難しいとされているのですが、その理由は何なのでしょうか?

  • 女性の中イキ経験が乏しい
  • 膣内の性感帯の位置がわかりにくい
  • 前戯が足りない

女性の中イキ経験が乏しい

女性はオナニーで外イキには慣れているので、外でイキたいときは自分である程度コントロールできます。

たとえば騎乗位をするときに、イキたくなったらあなたの下っ腹の部分にクリトリスを擦り付けるようにして刺激して自分で果てることもできるのです。
正常位をしている最中に彼女が自らのクリトリスをいじって、イッているのを見たことがある男性も多いのではありませんか?

オナニーでは中イキしにくいため、女性自身もどう動けば男性のペニスや指が膣内の性感帯に当たるのかが分かりません。
つまり中イキは女性自身にとっても経験が乏しいため、難しいのです。
女性側も、もどかしさを感じている部分なんですよ。

膣内の性感帯の位置がわかりにくい

外イキの場合は、簡単に言ってしまえばクリトリスを刺激すれば良いわけです。
体の外に出ているので目視で確認できるため、位置を間違えることはないでしょう。

一方の中イキですが、性感帯は膣内にあるため外からではどこにあるのか分かりません
わからないからこそ、見当違いの場所を刺激していることも考えられるのです。

ちなみに、中イキに関わる性感帯は以下の4つとされています。

  • Gスポット・・・膣内の入り口から約3センチ程度のお腹側
  • ボルチオ・・・子宮の入り口付近
  • Aスポット・・・子宮の奥
  • 裏Gスポット・・・膣内の入り口から約3センチ程度のお尻側(Gスポットの裏側)

4つの性感帯は多くの女性にとって共通して気持ち良いとされていますが、人によって膣の大きさは異なるので、必ずしも同じ場所にあるとは限りません。
「膣に中指を入れて第2関節を曲げるところにGスポットがある」と覚えていたとしても、他の女性には通用しない可能性があるわけです。

中イキに関わる性感帯ですが、指で刺激したり挿入して刺激したりするときに、女性の反応を見ることが肝心です。
女性が感じるところが見つかったら、連続して刺激して観察してみてくださいね。

女性の性感帯とされるボルチオですが、女性によっては存在しない可能性もあります。
4つの性感帯の全てですぐにイケるとも限らないので、それぞれを見つけ出し刺激して、徐々に開発していくことが必要になりますよ。

前戯が足りない

雰囲気も何もなく、いきなり挿入していませんか?
女性は脳で感じる生き物とも言われており、前戯をして女性の気持ちを高めてあげないとイケるものもイケなくなってしまうのです。

指でしっかりと膣内を刺激して、膣にうるおいを与えてください。
クンニして、女性の気持ちを高ぶらせましょう。
「これから挿入されて、もっと気持ちよくなっちゃう」なんて思わせたら、中イキさせられる可能性はグンとアップするはずです!

もちろん性器以外への刺激も有効です。
乳首を触ったり舐めたり、背中をフェザータッチしたり、太ももを撫で回したりと、ありとあらゆる手段で彼女の感度を高めてあげてください。

前戯によって気持ちが高ぶると、彼女のセックスへの気持ちの入れ方も大きく変わってきます。
お返しに、フェラなどを頑張ってくれるかもしれませんよ。

中イキさせる3つのコツ!

彼女をより効率的に中イキさせるコツを4つ紹介します。
どれも有効なものなので、気になったものから実践してくださいね。

  • 指で開発する
  • 中イキしやすい体位でセックスする
  • 大人のおもちゃ

指で開発する

前戯の一環として、指で彼女の膣内の性感帯を刺激しましょう。

指の長さからいうと最奥にあるAスポットの刺激は難しいですが、Gスポット・裏Gスポット・ボルチオへの刺激は十分に可能です。
特におすすめしたいのが、Gスポットへの刺激です。

中指や人差し指を半分程度挿入し、お腹側を指の腹で優しく刺激してみてください。
そのときに女性にどんな感じか聞いてみてください。

「圧迫されている感じ」
「軽い尿意を感じる」

以上のような返答をもらったら、そこがGスポットです。
Gスポットは膀胱の近くにあり、刺激すると膀胱にも影響を与えるため圧迫感や尿意を感じます。
あまりに強く刺激しすぎると痛みを感じてしまうため。優しくトントンと刺激してあげてください。

いきなり指でイカせる必要はありません。
2回3回と、セックスする度に指で性感帯を刺激して、徐々に開発していくのです。

彼女の様子を観察しながら気持ち良い位置を探して、彼女のGスポットを見つけ出しましょう。
開発されると感度が高まり、いずれは指で刺激しただけでもイケるようになります。
指でイケるようになったら、ペニスでもイケるようになるはずです。

中イキしやすい体位でセックスする

体位によっては、簡単に性感帯を刺激できるものもあります。

  • 背面即位・・・Gスポット
  • 寝バック・・・ボルチオ
  • 騎乗位・・・Gスポット・ボルチオ

以上の体位が、それぞれの性感帯を刺激しやすいとされています。

背面即位

彼女を後ろから抱き枕のように抱え、横向きでセックスする体位です。

背面即位の大きな特徴は、膣の浅い部分を効率的に突ける、という部分です。
ペニスが深く入らないので比較的抜けやすいですが、長時間腰を動かしても疲れにくいです。

後ろから抱きかかえるように挿入するので、手などを使って乳首などを刺激すると、より彼女も感じてくれることは間違いありません。

寝バック

女性がうつ伏せになり、そこに男性が後ろから覆いかぶさるスタイルが寝バックです。

寝バックをするときに女性に少し腰を上げてもらうだけで、膣が一直線となりペニスでボルチオが刺激しやすくなるのです。
挿入して膣内に弾力を感じからそこが子宮の入り口なので、ペニスで丹念に刺激してあげてください。

寝バックでは、激しく腰を動かす必要はありません。
女性の性感帯に到達したら、ペニスに小刻みに動かし緩やかな刺激を与え続けましょう
女性の声が大きくなってきたら、感じている証拠ですよ。

騎乗位

騎乗位は、女性が自ら中イキを開発したいときにおすすめの体位です。

女性自らがある程度コントロールできるため、浅い部分にあるGスポットで感じたり、少し奥にあるボルチオで感じたり、最奥にあるAスポットで感じることもできるわけです。

ただ騎乗位は女性の体力を激しく消耗させるので、長時間はさせないでくださいね。
女性が疲れてきたと思ったら、他の体位に変えてあげましょう。

大人のおもちゃ

中イキ専用の大人のおもちゃとしてバイブがあります。
電動式のものもあり、女性が気持ち良い場所を突けるように工夫されているものもありますよ。

セックスで中イキ開発を行うのは、男性の体力的な問題からも難しい場合があります。
中イキはしづらいため、10分や20分も腰を振り続けなければならないこともあります。
しかしバイブであれば、勃起していなくても女性の中を刺激できるわけですよね。

中イキは女性自身が慣れることが大事なので、大人のおもちゃでもしっかりと役割を果たしてくれます。
ただ、いきなりバイブを買って持っていったら引かれてしまう恐れもあります。
ラブホテルにある大人のおもちゃが入った自動販売機などを一緒に見て、女性に選んで貰ってはいかがでしょうか?

大人のおもちゃを使うときは衛生面の問題もあるため、コンドームを付けましょう。
いきなりバイブを挿入するのではなく、ローションなどを使って膣の粘膜に負担をかけないようにしてくださいね。

中イキのまとめ

中イキは女性を快感に導く、セックステクの1つ。

これをできる男性は、かなりのセックス上級者であること間違いないでしょう!

まずは、中イキさせる準備が大切です!

おもちゃや手マンで女性にスポットを確認し、体位でイカせる!

経験が大事ですが、少しでもわかりやすいようにコツを解説してきたので、ぜひ実践で役立ていただけたら幸いです!